前橋利根川、上流部の雨により、キャベツ、コンニャク、レタス雑炊にて赤濁り。になっていたので初めての上野村。(写真無し)

下界の川は泥濁りでも、ここ上野村は濁り無し。漁協で状況を聞くと、あまり釣れてないとの事。

大量に放流したが、あまり釣れない・・・「よし!行ける!(竿がしなるのを遠くから見ていたオジさんが徐々に徐々に近づき、ポイントを浸潤される・・・などの心配がなく、自由に自分の釣りが出来る!)と思い、日釣り券とオトリ1匹を購入。

今日遊ぼうと思うポイントへ着いてから、オトリ鮎を水に慣らす為に15分ぐらい川を観察。

今日の状況では、ここだろうなぁ。と、ポイントを決めオトリを流すと数十秒でドーンとヒット。地鮎をゲットして直ぐ下流へポイント探しを兼ね移動するも ハミアトの少ない岩盤帯ばかりで、良いポイントを発見できなかったので、鮎の散歩を兼ね上流へ徐々に徐々に移動しヒット!鮎交換をして、追加でヒット。の後にチュド~ンと雷+滝雨で終了。

2時間弱の釣行でしたが、誰にも邪魔されずに遊べたので、とても楽しめました♪

また、利根川が濁っているときに遊びに行きたいと思います。

群馬県水産試験場の久下さん、生放送デビュー。

2018年9月13日に、釣りビジョン「五畳半の狼」で放送された内容(海なし県ぐんまの魚の魅力)が、バックナンバーで見られるようになってます。

狼的 海なし県ぐんまの魚の魅力 PART-1
狼的 海なし県ぐんまの魚の魅力 PART-2

久下さん、お疲れ様でした ♪

 

※ バックナンバーの閲覧は終了しました。

薄根川(関越)-溝又川-薄根川(中流域)

永井食堂 今日の流し撮り20160330_0 NIKON D90 (105mm, f/9.5, 1/1500 sec, ISO200)

4月1日(金)~4月3日(日)は御土産のみの販売だそうです。

薄根川(下流) → 溝又川 → 薄根川(中流)

溝又川溝又川 NIKON D90 (32mm, f/9.5, 1/350 sec, ISO200)

薄根川岡谷温泉上流の関越下では、1匹反応したのみで魚影を感じないので直ぐ移動。
中流域へ移動する途中にある溝又川で、おそらく自然孵化したであろう警戒心の強いヤマメが一回顔を出す。が!何度やっても出て来ないので、また今度。

薄根川中流域CA3I0588 G'zOne TYPE-X (4.6mm, f/2.8, 1/380 sec, ISO0)

CA3I0601 G'zOne TYPE-X (4.6mm, f/2.8, 1/150 sec, ISO0)

この辺りでは、ポイント毎に魚が付いていて、久しぶりに沢山の魚と出会えました。大満足。

赤城山「御塔山」

天気予報ではあまり風は吹かない予報でしたが、夜中から突風が吹きまくっていたので、家を出る時から釣る気なしで赤城山「御塔山」へ行く。

黒檜山20160224_0 NIKON D90 (35mm, f/11, 1/500 sec, ISO200)

○氷が綺麗。雲が切れれば綺麗な景色が見られます。がっ!寒くて待ってられないので移動。

 

御塔山(サントリービア・バーベキューホール)//晴れた日はスカイツリーが見えるそうです。

20160224_1 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/500 sec, ISO200)

20160224_2 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/500 sec, ISO200)

ダイハツウェイクのCM撮影場所となった御塔山(おとうさん)

 

御塔山からの景色20160224_3 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/2000 sec, ISO200)

あのはっきり確認出来る川は多分渡良瀬川。

 

御塔山から見た、赤城大沼(奥)と覚満淵(手前)

20160224_4 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/1000 sec, ISO200)

前橋市にある高層湿原。高山植物や湿生植物も多く小尾瀬とも呼ばれています。この湿原は人も少ないので、雪の上に寝転がって空を見たり、叫んだりして遊べます。子供の自然体験にも◎。

 

赤城大沼ワカサギ釣り20160224_5 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/2000 sec, ISO200)

神奈川から来た若者達、1匹でも釣れればと祈りつつ、お先に撤退。