2018年の利根川は鮎が釣れる。かも

今年の利根川は、いつもの利根川と違い、「七月中でも鮎が友釣りで出る。」と聞き前橋の利根川へ。

結果は、十数匹掛け、持ち帰りは9匹。内7匹は20cm以上で最大は23.5cmでした。

飛び跳ねる小さい鮎も沢山居たので、数は多く出なくても長い期間楽しめそうです。

2017年?回目の鳴沢湖

高崎市鳴沢湖NIKON D90 (34mm, f/6.7, 1/180 sec, ISO200)

もう、今シーズン何度目かも忘れている鳴沢湖。今日も昼頃少しアタリが遠のいただけで、誘えば反応の出る日でした。ただし、型は解禁の頃と同じく小型ばかりに・・・7cm-10cmのワカサギは3匹だけでした。釣果は241。

2017年、○回目の鳴沢湖。

高崎市鳴沢湖
NIKON D90 (38mm, f/9.5, 1/350 sec, ISO200)

今日は釣れない水曜日の桟橋でも185匹。モーターを交換したシマノDDM初期型の調子も良く、7-8cmのワカサギに負けなくなりました。桟橋では小型が多くなってしまいましたが、ボートでは良型が出ていた模様。

DDMのモーターを交換

ワカサギはさほど釣っていないけど、フナやヘラブナを沢山釣っていたら、10cmのワカサギでもモーターが巻けなくなって来たのでモーターチェンジ。

SHIMANOワカサギマチックDDMNIKON D90 (50mm, f/5, 1/45 sec, ISO800)

交換パーツはタミヤグレードアップパーツトルクチューン2モーター。他は消費電力が高かったり、ワカサギ用途には向かない物だったので上記アイテムを選択。

半田付けは、基板部分の4カ所のみで、多少不器用な人でも改造可能なレベルでした。が、改造はお決まりの自己責任です。

改造後、元のモーターより大分力強い音になったので、次回は試し釣りをしてきます。