http:からhttps:(SSLページ)へ勝手にリダイレクトされる!を止める。

簡単で的確に説明されたページが無かったので、自分の頭で整理してみると、HSTSとは、HTTPS対応のドメインへHTTPで接続した際に”.htaccess”よりも少し安全に、サーバー側でHTTPSへ強制的にリダイレクトする機能がHSTS (HTTP Strict Transport Security)らしい。・・・多分。

httpとhttpsで同じ内容を表示する場合は、これで良いのですが、このサイトの様にhttp:とhttps:で別のサーバーを動かしたりする場合には、障害以外の何物でも無いと言うことで、このHSTSのリダイレクトを無効にする設定を施しました。

http://サーバーの「.htaccess」 に以下の命令を入れる。

Header always set Strict-Transport-Security “max-age=0”

以上。

これで、http://で運用していた過去のウェブログも今まで通り見られるようになりました。