2016 今年初めての赤谷川

今日は坂東橋付近の鮎と利根マス情報を聞いてから、赤谷川へ。

坂東橋(群馬漁協管内)で先週まで沢山釣れていた鮎の群れは、濁りと同時に上へ登り、毛バリで掛かる鮎は激減。利根マスは今日も釣れていました。

少し深い所になるとエメラルドグリーン。この綺麗な水を見たくて赤谷川上流域へ。(鮎の情報収集も)

20160629_0 20160629_1

20160629_2

水激減の為、魚は厳戒モード。外出禁止令も出ている様で、居るのが分かっていても出てくるのは10cm以下のトラウトばかり。

でも、居ます。15cmを超える大物も居ました。(小さいのばかり見ていて感覚が・・・)
帰り際に赤谷川中流域を見て、アユ釣りの人は皆無でしたが、ルアーにアタックしてくる鮎も沢山おり、狙い場所が良ければ釣れそうでした。(ここでは、ルアーで鮎3匹、ヤマメ1匹)

今日の利根川は濁りあり。

昨日の夕立で、今日の利根川は吾妻濁り発生。

利根川坂東橋下流

20160624_0

赤茶色にはなっていないので回復は早そうです。14時頃には笹濁りまで戻ると予想。

 

利根川の鮎

利根川の鮎

濁りの入った時の釣れそうなポイントを狙うとアタリあり。今日は1時間ほどで5匹釣れ、サイズは13から15cm。ウグイとオイカワも釣れました。

水温とアユの食み方を見ると、もう友釣りシーズンに入った可能性あり。

利根川でアユのドブ釣り(毛針)

重鎮は言っていた。「今年の利根川は、鮎の当たり年になるかもしれない。」

利根川の鮎(群馬漁協管内)
利根川の鮎(群馬漁協管内)

今年は、ダムの放水による水量の大きな変化が無く、鮎に食まれた石が日に日に増え、アユには良い状況になっている様です。(軽く見渡しても、黒光りしている石を直ぐに発見できます。)

本日の鮎の釣果は20匹。大きい物は19cmでした。

 

利根マスも釣れてます。

鮎のドブ釣りを楽しみながら周りを見ていると、利根マス狙いの人の竿のしなりも複数見られました。魚体は遠くからの目測で30から35cm程度の物が多く、偶に40cm超え。

水温の高い状態が続いているためか、今日も目の前を上っていく利根マスを数回見ました。

※ 多い人は5匹(30cmから35cmが4匹と43cmが1匹)