引き味をトコトン追求し、開発されたニジマスの改良型「箱島スチール(群馬県産)」の放流を見学。

箱スチ放流前の利根川
20151220_0 NIKON D90 (35mm, f/11, 1/500 sec, ISO200)

ブログの告知や、噂を聞きつけて利根川へ来た釣り人は20人ぐらい。


群馬県産ニジマスの箱スチ20151220_1
NIKON D90 (35mm, f/9.5, 1/350 sec, ISO200)

最初は食いが悪いと聞いていた箱スチ・・・放流後数時間で、あちらこちらでヒット。魚のコンディションは放流直後であまり良くないはずなのに、皆さん、通常の大きなニジマスの3倍から5倍は楽しんでいた様子。また、早朝の利根川へ行ってみようかな。

正確な情報ではありませんが、放流量は多分1.5Kgから2.0Kgぐらいの魚を61匹ぐらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です