群馬県生まれの強化ニジマス(箱島スチール)がヒット。

箱スチを本気で狙う1日目

大渡橋上流(敷島緑地前)20151230_0 NIKON D90 (35mm, f/8, 1/250 sec, ISO200)

早い釣り(リアクションバイト)で反応の出るポイントをサーチしながら釣り上り、川が2つに別れる所で微妙なアタリ。でも、その後反応が無いので釣り上がり、放流場所より上の方で初ヒット。

最初の1匹目は少し遊んだ後に針が無くなりさよーならー。その近くで2匹目がヒット! 数分遊ばせてもらい、手前に寄せた所でジャンプリリース。そこからまた直ぐ近くで3匹目がヒット。ほとんど2匹目と同じようにキャッチしないでリリース。今回は3匹とも魚体も痛めずに上手くリリース出来ました。(ぉ

今日、遊んでくれた箱島スチールは、噂通りの粘りとパワーで最後まで諦めずにファイトしてくれ楽しませてくれました。遠方から箱スチ目当てに遊びに来ても損はしないと思います。

グンマー漁協(日釣り券1,500円)

今日のヒットルアー

まだ釣れているという事で、今シーズン4回目の鳴沢湖(ワカサギ)

高崎市鳴沢湖20151223_0 NIKON D90 (35mm, f/4, 1/180 sec, ISO200)

先週とは違い、午前中はどこでも平たくアタリがあり、お昼ごろから激渋。餌をアレコレ変えた人の釣果は上がっていましたが、自分は1種類しか持って行かなかったので100弱で終了。

引き味をトコトン追求し、開発されたニジマスの改良型「箱島スチール(群馬県産)」の放流を見学。

箱スチ放流前の利根川
20151220_0 NIKON D90 (35mm, f/11, 1/500 sec, ISO200)

ブログの告知や、噂を聞きつけて利根川へ来た釣り人は20人ぐらい。


群馬県産ニジマスの箱スチ20151220_1
NIKON D90 (35mm, f/9.5, 1/350 sec, ISO200)

最初は食いが悪いと聞いていた箱スチ・・・放流後数時間で、あちらこちらでヒット。魚のコンディションは放流直後であまり良くないはずなのに、皆さん、通常の大きなニジマスの3倍から5倍は楽しんでいた様子。また、早朝の利根川へ行ってみようかな。

正確な情報ではありませんが、放流量は多分1.5Kgから2.0Kgぐらいの魚を61匹ぐらい。

物凄い引きのニジマスとスチールヘッドの交配魚の試験放流。

群馬漁協、利根川へ物凄い引きのニジマス(箱島スチール系)を試験放流するそうです。

本日入った情報:明日2015/12/20日の13時頃、冬季釣場管理棟跡付近に箱スチを入れるそうです。放流後、5日から10日ぐらいの間は餌の追いが悪く、お正月近辺に釣れ出すそうな。どんだけ引きが強いのか早く掛けてみたい!(元気な奴を)

群馬漁協の年券、日釣り券(1,500円)で釣れるので、時間のある方は前橋の利根川敷島緑地前へレッツラゴ!

 

鳴沢湖の桟橋が、また釣れ出したそうな。(3回目)

箕郷町鳴沢湖20151216_0 NIKON D90 (35mm, f/9.5, 1/350 sec, ISO200)

今日も桟橋で09時30分前後に開始。11時半頃までは適当な誘いでもヒットし、15時半までに154匹。釣れてくるワカサギのサイズは小型でしたが、久しぶりに楽しめました。